ひとりひとりの成長を応援する「新・採用」「新・教育」

より自由に 年齢・性別・場所に縛られず 

個人の持ち味・長所を活かしたワークスタイル実現をめざす。

 

#働き方改革 #介護離職 #さとり世代 #18歳人口減少 #外国語教育早期化 #プログラミング教育 #外国人労働者急増

 

日本の人口は、団塊の世代及び第二次ベビーブーム世代が高齢人口に入った後の2042年に3,878万人とピークを迎え、その後は一貫して減少に転じ、2060年には3,464万人となる。そのため、高齢化率(高齢人口の総人口に対する割合)は、50年後の2060年には39.9%、すなわち2.5人に1人が65歳以上となることが見込まれる。

 


創造性、協調性が必要な業務や、非定型な業務は、将来においても人が担う(2015年 NRI調査資料より)

 

日本の労働人口の約49%が、技術的には人工知能やロボット等により代替できるようになる可能性が高いと推計される。

この研究結果において、芸術、歴史学・考古学、哲学・神学など抽象的な概念を整理・創出するための知識が要求される職業、他者との協調や、他者の理解、説得、ネゴシエーション、サービス志向性が求められる職業は、人工知能等での代替は難しい傾向があります。一方、必ずしも特別の知識・スキルが求められない職業に加え、データの分析や秩序的・体系的操作が求められる職業については、人工知能等で代替できる可能性が高い傾向が確認できました。

 

 

 

変化が著しいこれからの時代を生き抜く人材の養成

「新・採用」「新・教育」をご提案します。